Top >  エジプト >  エジプト観光資源

エジプト観光資源

旅行博2005報告(その2)
今日の紹介は上から順に、エジプト、イラン、アラブ首長国連邦、 シンガポール、マカオです。 香港より更に狭いのですが、 東洋と西洋が入り混じった光景は、地域全体が世界遺産に指定されており、 観光資源が豊富です。
アフリカン・フェアのお誘い
北アフリカに関してはヨーロッパとも近く、ローマ遺跡など観光資源もたくさんあります。また、2010年にワールドカップが行われる予定の南アフリカも 旅好きの私ですが、まだアフリカはエジプトとチュニジアしか行ったことがありません。ただ
出エジプト→飛んでイスタンブール
インシャーアッラーの洗礼を受けることなく、エジプト航空イスタンブール行きは定刻に出発。一旦総括すれば、(夏は特に)暑いし、交通事情はめちゃくちゃだし、交渉が必要で疲れるが、その観光資源は老若男女楽しめるお勧めの国だと思う。
東洋のモナリザ
ロゼッタストーンだってイギリスはエジプトからちゃんと持ち返っている。  それは外国の宝物をうばっ これらの遺跡を観光資源として活用して観光立国を目指したらどうか。僕はこんな余計なことまで考えた。 ところでもし僕に東洋のモナリザを選べとお声が
「寛容精神」「多文化」から決別へ†オランダ
タイ観光使節を拒否 ■インドシナ ・ミャンマー、決済通貨をユーロに 国民武装化と多国籍軍の縮小・撤退  エジプトで最大の発行部数を誇る政府系新聞アル 世界に利用されてきたイスラム世界の資源を、イスラム世界発展のために使用し敵を
iaps19 エジプト紀行5日目
Auto, Program AE 午後は近い分野の発表はなかったので,例によって市内の観光資源公開状況を視察に行きました。昨日,断念したポンペイの柱,そしてカタ 飲み物はよくわからないエジプトのドリンク(甘いだけ),食べ物は一応ビュッフェ形式(味は代わり映え
発掘事情のことなぞ、少し
ニュゥスの中では、エジプトのピラミッドや、奈良や京都の巨大な古墳や、昔の都の跡なんかの調査が 遺跡などの文化財は、観光資源などのように限定された活用の他は、経済活動を阻害する悪因として、長い間敵視されつづけてきたのです。
鉱物資源としての金は金塊や沖積鉱床(砂金)として存在している。金は多くの時代と地域で貴金属としての価値を アメリカ合衆国西部でブラックヒルの金として観光客向けに販売されている。銅との合金は赤く 古代エジプトのヒエログリフでは、紀元前2600年頃から
最近のメイド・イン・チャイナ 其の伍
世界一のアスワン・ハイダムを完成させたエジプトがどれほど豊かになったでしょう?農地が痩せて国土は貧しくなり 開発の恩を売って地下資源の利権を得ようというわけです。しかし ちっぽけな観光成金と利権の配分で肥え太った役人が増える
旅の安全・安心
そして05年7月のエジプト・シナイ半島南部の観光地シャルムエルシェイクでの事件などが記憶に新しいところです。  これらはいずれも観光を「国策」にして観光による外貨収入を国の大きな財源としている よりよい観光資源を磨き食事や宿泊・交通の便をよく
らくだ市
出荷 エジプトのイメージといえば、らくだはトップ10にはいるけど、 実際に人々の足として、食用として、観光資源として、エジプト人にとってなじみの深い動物なのだと実感。 一緒に見物していたイギリス人観光客が、写真を撮るのに熱中するあまり
知りソコだけの「戦争論」
アジアの観光地域ではなく 安価な資源を提供してくれて、人件費が安い労働力が近隣国にあるというのは 日本という国にとって重要なこと ブラジル、フランス、オーストリア、ベルギー エジプト、イタリア、チェコスロバキア、ロシアなどの武器商人が
かとまんず
東南アジア、中央アジア、ロシア、中東、 中南アメリカ、エジプト、東ヨーロッパ・・いろんな国行ったなあ。 ネパールは観光資源として以外にもバックパッカーにとって重要な町でもあります。それは中国とインドの中間に位置していること。

         

エジプト

関連エントリー

エジプト旅行 気球 エジプト旅行 レストラン エジプト旅行計画 エジプト観光地 入場料 海外旅行 エジプトツアー エジプト観光資源 エジプト 大旅行 エジプト旅行 アドバイス エジプト旅行 安全 エジプト旅行専門 エジプト旅行 注意事項 エジプト旅行 言葉 観光 英語 入国 エジプト エジプト 旅行 費用