Top >  トルコ旅行情報 >  アンカラ観光

アンカラ観光

サフランの町へ
僕らはトラムとアンカライ(地下鉄)を乗り継いで、オトガル(バスターミナル)へ向かった。 アンカラのオトガルはやたら大きく、相当な数のチケット売り場があった。サフランボルには日本人観光客に有名な宿があり、僕らはそこに行っ
トルコ。
せっかくなので、トルコの豆知識をお勉強! 1 トルコ共和国概要 首都:アンカラ 面積:日本の約2倍 人口:日本の約半分 主要産業:観光業、農業、繊維業 主要作物:小麦、米、綿・羊毛製品、タバコ、ヘーゼルナッツ、果物、 所属機構:OECD
クロッシング・ザ・ブリッジ†サウンド・オブ・イスタンブール†」
アンカラ、カッパドキアを観光してからイスタンブールに入ると、それまでずっと曇っていたののにもかかわらず、到着した瞬間からカーッと晴れ渡ったのです。 橋の上から撮影し、時間を見計らって街を一望できる塔の上に。
ハイジャック
日が当たるところは暖かいので 観光中の方はそれほど寒さは感じないと思います。 田舎に行っている間に、イスタンブールでは 様々な事件が起こったようです。18:50頃、首都アンカラに緊急着陸。 乗客は無事解放されたようです。 犯人
トルコの旅 2日目 アンカラ†カッパドキア†コンヤ
(写真を少し大きくしてみました) 朝早くアンカラを出発しカッパドキア地方へ。 まずは洞窟レストランでの昼食でした。 腹ごなしの後は観光です。まずキノコ岩で有名なゼルベへ。どうやってあんな形で残ることになったのか本当に不思議です。
トルコの都市鉄道14(コンヤのトラム)
アンカラの南約250kmの奇岩の連なるカッパドキアの近くに人口50万人あまりのコンヤという街があります。霊廟がメヴラーナ博物館になりこの教団の儀礼である踊りは観光用に上演されています。  このコンヤの街のメインストリート
【トルコ旅写真】 アンカラ・エクスプレス
イスタンブールのハイダルパシャ駅 出発   寝台列車「アンカラ・エクスプレス」の車窓から (↑携帯カメラ撮り) 翌朝8時過ぎ、「アンカラ・エクスプレス」、アンカラ駅到着 アンカラ観光 「アタチュルク廟」
エジプト18年11月30日 アレキサンドリア駅からカイロ駅へ 3の1 15:30†16:30
そこはかとない欧米的な雰囲気が漂う国際観光・商業都市である。国際機関も置かれアヤソフィア、グランドバザール )       -->○アンカラ・エクスプレス車中泊 12/03(日)アンカラ-->○カッパドキア ( カイマルク地下都市 ) 12/04
シルクロード 7
韓国の差別語 予約・明日12時発アンカラ行きのバス予約 交通機関・乗合バス 宿泊・バス・トンジュ ●10月4日 移動・ アンカラ 観光・サフランブルのバザール(小さいが趣がある) コース・サフランブル†アンカラ†ウルス駅 見所・アナトリア高原
エジプト18年11月30日 アレキサンドリア駅からカイロ駅へ 3の3 16:30†18:30
そこはかとない欧米的な雰囲気が漂う国際観光・商業都市である。国際機関も置かれアヤソフィア、グランドバザール )       -->○アンカラ・エクスプレス車中泊 12/03(日)アンカラ-->○カッパドキア ( カイマルク地下都市 ) 12/04
エジプト18年12月1日 カイロ モハメッド・アリ・モスク 5の2
広い内部には絨毯が敷いてあり、観光客が多い。天井を見上げるとそのデザインアヤソフィア、グランドバザール )       -->○アンカラ・エクスプレス車中泊 12/03(日)アンカラ-->○カッパドキア ( カイマルク地下都市 ) 12/04
エジプト18年11月30日 アレキサンドリア駅へ向かう 列車から 5の5 10:15†11:15
そこはかとない欧米的な雰囲気が漂う国際観光・商業都市である。国際機関も置かれアヤソフィア、グランドバザール )       -->○アンカラ・エクスプレス車中泊 12/03(日)アンカラ-->○カッパドキア ( カイマルク地下都市 ) 12/04

         

トルコ旅行情報

関連エントリー

トルコ周遊旅行 トルコ旅行 治安 トルコ 新婚旅行 トルコ旅行ガイド イスタンブール 旅行社 アンカラ観光