Top >  カンボジア >  カンボジア旅行 夫婦

カンボジア旅行 夫婦

ベトナム・カンボジア旅行3日目[ハノイ→シェムリアップ]
搭乗ロビーに行きの飛行機で隣になった夫婦を見つける。どうやら、飛行機が遅れたらしく1時間ほど足止めを食らっていたらしい。カンボジアの入国審査は時間が掛かり、アメリカとバーストリートは外国人旅行者で賑わうカフェ&バーストリート。
紀香魂
プロポーズ 大波乱の結納 深夜の婚約会見 マイアミ旅行で考えたこと 日本の心、神前式 こだわり似たもの夫婦!? 心のこもった、あたたかい披露宴にし行動が世界を変える 国籍のないカンボジアの子供たち 東ティモールの人々の心遣い
ベトナム旅行†水上人形劇編†
わたしたちの前に、若い欧米人夫婦と2歳ぐらいの子どもがすわった。 大丈夫かな、ちっこいの連れて。でも、出かけたいの、よくわかる。 がんばって旅行にきたんだね†。 人はいっぱいだ。「クーラーきいてる」って友人がおどろいていた。
夫婦休暇旅行 上海 †成都へ
カンボジアで落とした体重も大陸に戻ってすっかり戻ってしまった(笑)。 この日の夜は宿泊している場所の上の階の友達のお宅に顔だしをした。これで旅行のお話は全て終わりです。長い間おつきあい下さいありがとうございました。
プノンペン到着
プノンペンへ伸びた国道2号は、広大なカンボジア平野を突ききっている。道路は、盛土して高速道のようになっているが、まだきちんと舗装されていない。私のほかには、今のところアイルランドの夫婦が二人だけだ。植民地として、多大な苦難の歴史を歩んできた
アンコール遺跡の旅(その1)
林あつむ先生 のご夫婦と遭遇できました。バンコック旅行からアンコールにこの日に入られた所だったようです。先生、最近出版した本が 20 万部売れたと喜んでおられました。  ともかく、内戦を含めるとカンボジアに平和が訪れたのは 2000 年からだそ
姉のチケット
姉との旅行は久しぶりだ。次女夫婦がバンコク赴任となる前に、妹も交えてタイに出かけた時以来だ。「腰が痛くなければ、もう一回タイへ行きたいね。カンボジアのアンコールワットへも連れて行って欲しいね」と言う。そんな姉がふと「一回あんたに聞き
サニーちゃん1歳
昨日の飲み会で、子どもがいない方の従姉妹夫婦をカンボジア旅行のパートナーに誘ってみた。 ジブリ好き(私は何も興味ないが)の、従姉妹に、アンコールワットは「らぴゅた」のモデルなんだよ(これは本当)と散々口説いてちょっと懐柔しつつある。
タイ旅行タイ旅行
「パノム・ルン遺跡」 カンボジアとの国境に近い丘の上に建つパノム・ルン遺跡。丘の上からはどこまでも続く草原が見渡せます。「パノム・ルンの彫刻」 かわいい牛で夫婦でお出かけ?何を表してるんだろう。今回の旅行でますますアンコールワットに行き
夏の時差
暑かったですね。三十度を越える気温は今夏、既にカンボジアで経験済みですが、東京の暑さは苦しい暑さです。健康でも夫婦和合でもなく、成功。やっぱり奴から見ても足らとりあえず載せられるだけ旅行の写真を載せてしまおうと思います。
夫婦休暇旅行  カンボジア  ホテル
夫はまあまあ、と言ってました。 こちらは私が注文したチキンヌードル。ベトナムのファーよりもさっぱり。美味しかったです。(これがカンボジア料理の一つかもしれない、、) カンボジアにはこれと言った産業がなくてこのような食器などもタイから
家内のカンボジア行きの件
添乗員付きの旅行しかしたことのない者同士がバンコクで乗り換えプノンペンへ行くの は危険だと言うのだ。 もっともなことだ。 スタデーツアーで一緒だった名古屋のEBさん夫婦が7月末にカンボジアに来られる計画 がある。 その方に一緒に同行した方が
水戸のご隠居
ご夫婦共に仕事は別ですが、お世話になっています。 新婚旅行がまだですが、どうやら御夫人はアンコールワット遺跡を見にいきたいとのこと。 カンボジア。。私もアジアが興味深いなあと思っております。 どんな、紅白歌合戦になるのか楽しみ。
(続)南方熊楠の手紙
南方大仙などはそこどころでなく、人倫の根底は夫婦の恩愛で、その夫婦の恩愛は、かの一儀の最中に、男は女の気をやるを見むかし深山を旅行するもの、荷持ちの山がつのおやじに今の後インドにあって仏国に属しおるカンボジア国だ。むかしは一廉の開化あって
海外旅行する際の注意点
自称バックパッカー”で、カンボジアを含むアジアを周って来た と言っそれはそれで 面白い海外旅行は楽しめません。 その辺が微妙なところです。 海外旅行をする際の注意点 〆(..) †見ず知らずの人を信じない うちの母親から老夫婦がいたんですけど
バチカンの最新設備
「地中海10日間クルーズ」に参加した年輩のご夫婦グループに囲まれていたため、そこかしこからこういった引退世代の方々の海外旅行は増加するのでしょうが、やはりエコノミー信徒宣教者会からカンボジアに派遣されている米沢教会出身の高橋君に
かぼちゃ
カンボジア 南瓜は、カンボジアから伝わってきたので、カボチャと呼ぶそうだ。 そういえば、カンボジアでは カボチャの置物をよく目にした。 私は、一点豪華主義者なので、旅行中に一度は、 気取って豪華な夕食を食べるが、グランドホテルのレストランで
旅行・航空券
その他インドネシアに2ヶ所とタヒチ、タイ、フィリピン、カンボジア、インド、スリランカ、ブータン、モロッコ、アメリカ夫婦のゆとりの旅や、女性同士の楽しい旅のお客様に好評です。株式会社日本旅行 お値打ち価格が自慢の「宿ぷら・THE
法事とヒッチハイクとパスタ
じいちゃん、ばあちゃんはとても仲のいい夫婦だったから、親父さんの兄弟も、ケンカをしながらも(?)仲のいい家庭を日本と辿り着き、今後はタイ、カンボジア、ベトナム、雲南、チベット、ネパール奥さんへのオベンチャラ旅行で、足摺岬に行ってきます。

         

カンボジア

関連エントリー

観光案内 カンボジア 旅行 ホーチミン アンコールワット カンボジア 学生旅行ベトナム 格安 カンボジア旅行 夫婦 カンボジア旅行 必需品 カンボジア シェムリアップ観光 カンボジア旅行 服装 カンボジア旅行 アンコールパレス カンボジア旅行店 海外旅行ツアー アンコールワット 海外旅行持ち物 カンボジア