Top >  マレーシア >  マレーシア貧乏旅行

マレーシア貧乏旅行

日本帰国
ということで、「2006マレーシア+フランス旅行」に行ってきた。 なぜフランスだけではないのか。 それはマレーシア航空やベトナム航空などはフランスへの直行便とマレーシアで乗り換便などがありやたら貧乏くさくなってしまって何も買えない。
プーケットにて
この頃から“少ないお金で、安く旅する”から、“手持ちのお金で、どうやってマレーシアへたどり着くか”という感じで旅の仕方が変わってきました。よく貧乏旅行といいますが、それはある程度お金があって、しかも費用を安く抑えて旅しようとするものですが
シンガ日記?到着
現地係員といわれる方が旗を振ってまっててくれるんだけど、今回の旅行はなんといっても、マレーシア出身であり、今の日本人のだんな様とシンガポールで知り合った問いかけに「今回は貧乏旅行なんでNO thanks」的なことを言ったけど
JTBが団塊世代を狙った趣味満喫の海外ツアーを売り出し予定
これは中米コスタリカやパプアニューギニアなど個人旅行では難しい熱帯原生林が行き先。豪ケアンズやマレーシア行きもあり、バスやボートを利用して日本にはい旅行に何度でも行きたいな†と考えるのは筆者が貧乏な故か? 目のつけどころで興味深いのは
ミラノ†ジェノバ
友達との個人旅行もちらほら。 イタリアで英語使ってる人なんていないから、唯一わかる言語が耳に入っ日本はいつのまにか相当貧乏な国になってしまったんじゃないか? ヨーロッパ人いつぞや、日本人がタイやマレーシアを見ていたような感覚で。 結論
いくぞ!東南アジア!!
来月5日から、念願だった東南アジア旅行が決定!! これまで中国、台湾、香港、韓国といった近隣諸国・地域本格的な準備はまだですが、 貧乏バックパッカーを決め込んでいるので、経験上カンボジア、ラオス、タイ、マレーシア、シンガポール を考えています。
寺院を賃貸する
トップ10アジア寺院の宝の地図 寺院見学旅行の特色 「貧乏人の銀行」_2006ノーベル平和賞の受賞者 ムハマド・ユヌス(Muhammad Yunusマレーシア、中国などの40カ国以上、100,000,000貧乏人以上を恵まれる。 現在のユヌスの志業は、銀行から
ボルネオ紀行<7日目>ボルネオ・レインフォーレスト・ロッジで昼食
ここはお値段が高いので、ぼくのような貧乏人には向かない。  この日はバイキングでマレーシア料理である。まあ、マレーシア料理だからまずくはないが、お値段ほどのこともない。  しかし今回の旅行は、基本的には自然相手なので
今日は 結婚記念日です。
お式が 済んで 新婚旅行に 出かけるために 私が 着替えを している控え室に 祖母が 一人で 来ました。今回は マレーシアに 行った時に・・・ 珍しく 早めに 結婚記念日と産地の お肉より 結構 お高いので 貧乏性の 私は(^_-)-☆  つい 「高
貧乏暇なし旅行(香港編†)
そのお友達とは、私が一人旅を始めた頃にマレーシアで出会い、 ロンドンで再会し、香港へ行くたびに何度も会っているのですが、 いいお友達として続いています。個人旅ならではの旅行を楽しませてもらっています。 今回は、 「香港人の食堂のような感じで
ごあいさつ
その後二週間一人旅 シンガポール、マレーシア(マラッカ、クアラルンプール)………大学四年夏これから社会に出ていくため、学生の時のようにゆっくりと貧乏旅行を楽しむことはできなくなります。 それでも、感動を求めて旅は続けるつもりですので
☆バトン☆
インストラクター(ユースホステルや徒歩による旅行を目的としたインストラクター,ディレクター取得のため,失効貧乏・・・・ ☆あなたの性格を一言でゆーと? 外ではよく喋るベトナム,タイ,マレーシア,シンガポールとか。 ☆将来の夢を語っ
ぶらり貧乏一人旅 その他の国
筆談すれば問題無し。一番楽に旅行できるような。 シンガポールは英語がちょっと出来れば問題無し。タバコが高いので3†4泊する人は すぐそばのマレーシア・ジョホールバルで買った方が安くつく。ゆうことで、ぶらり貧乏一人旅シリーズ海外編
やっぱり タイ 行っとく?
旅に出...ちょっとね、あまり一般的な旅行の話じゃなかったですからね、まあでもこの旅日記シリーズ、実はね、 タイ の遺跡を巡る貧乏旅行の話、古代マヤ文明の遺跡とカリブ海のメキシコ旅、マレーシアの半島縦断鉄道旅、カンボジア
天竺への道程。その2。未知なるモノへの憧れ。
蔵前仁一さんの体当たり貧乏旅行記  「インドは今日も雨だった」 (今日も雨…ステキな題名ですね♪) 私が今回訪問するのはインド第五の都市と言わそれが「マレーシア航空」。 墜落しないか心配になって、世界中を旅してらっしゃる 飛行機旅
学生さんにおすすめの旅行先
(笑 今回のお題は「学生時代の海外旅行」です。 しか††し。 困りましたね。 かなにゃんは、学生時代。 海外旅行なんかしていません。 フツーに貧乏でしたからね。 それでも!というほどのそれは、マレーシアとシンガポールです。 なぜここいらが
『ロード・オブ・ウォー』を観た後で 其の四
「貧乏人は兵隊になってイラクに行け!」というのは究極の格差社会でしょう。日本でも憲法の見直し参加している米シェブロンとマレーシア国営石油会社のペトロナスに対しテツガク的旅行記 五劫の切れ端(ごこうのきれはし
インカの都クスコから天空の都マチュピチュへ。門前町にはなんと温泉が!!
ちなみにそこはマレーシア、東南アジアで最も社会に貢献している日本の三大発明品の内の一つに上げそれでも貧乏旅行者としては言われた値段をそのまま受け入れるのも面白くありません。 なにしろ値切るのは旅の楽しみの一つですからね。

         

マレーシア

関連エントリー

マレーシア観光地図 マレーシア旅行ガイド コタキナバル旅行会社 マレーシア観光ビザ マレーシア貧乏旅行 マレーシア クアラルンプール旅行 マレーシア サバ州観光 マレーシア観光旅行 マレーシア旅行情報 パンコール島 マレーシア旅行 福岡発 マレーシア航空特典旅行