Top >  ベトナム >  ホーチミン 現地旅行会社

ホーチミン 現地旅行会社

ベトナム 旅行
カンボジアやタイに旅行まずは、気軽にベトナム旅行を旅行代理店(旅行会社・旅行社)で問い合わせベトナム見つけたという珍しい現地のクイリング作品を見せ記事は9月末に行ったベトナム旅行で。 [ホーチミンシティ観光]. 今回のベトナム
偶然の不思議
帰る日が1日ズレていたら、しばらく現地で足止めをくうところだった。 全部書い会社に出社してしまった後だったら次の日、予定通りに、ベトナム旅行に出発。 行き先はホーチミンだったが、当時成田からの直行便は出ておらず、 羽田からまず関西空港へ向かい
ベトナムにやってきました。
今回の国境越えは、旅行会社が運行する国際バスにしました。プノンペンからホーチミンまでノンストップの直行便です。約210km、9時間の予定です。 料金は$10。現地の人と外国人旅行者と半々くらいだったでしょうか。 プノンペンから
HCMへの旅の準備を始めました
海外旅行はしばらくオアズケ…のつもりだったが…。ホーチミン(HCM)に 行くことにした。同じ路線でも航空会社で違 うことはもっと腹立たしい。 【ホテル】 移動する旅ならホテルは現地調達するところだが、今回は4泊でHCMを徘徊するだけなので
ミフリーの旅スタイル!
旅行ばっかです。 でもちゃんと働いています。お休みのとれる会社で感謝です。多謝。 2006年1月・・・中国・上海(JALマイレージ特典航空券消化旅行5月・・・ベトナム・ホーチミン(大親友Mちゃんとの女2人旅現地でツアーを申し込み島めぐり。
ハノイ観光情報センターがオープン
またまた現地発ニュースを送ってくれました。 年末年始にハノイにご旅行の方は、要チェックです。これは、ホーチミンに開設されているものと同じ民間会社が運営する もの。 500平米という広いセンター
ベトナム旅行 その4
その後、高速船でホーチミンへ帰国。 昼飯に羊鍋に行く。ベトナム人に人気のあるその後に旅行会社でチラシを配っていたマッサージ店に行くが、かなり下手!手数料をもらって紹介していたのか話が通じなくても現地の人との交流はやっぱり楽しい。
旅行3日目
集合場所である旅行会社オフィス前は各ツアーに参加する人たちでいっぱいだった。どちらかというと外国人の方のほうが多い。この間、現地ガイドの方からはベトナムの政治問題からミトーへ行くまでの景色はホーチミン市内とはまた全然違う雰囲気で
Viet Nam (出発準備編)
とうとう、初の海外旅行!ベトナムのホーチミンです。 まずはなぜ行く気になっこのツアーは父の勤める会社の従業員数名とOB、ツアー会社の知り合いの人たちの旅行で、慰安旅行みたいなものです。つまり、おっさんばかり。。。(現地調達という手もあり
F4今日なんか記事ない\(◎o◎)/!
相前後してベトナムホーチミン市でつけて歌って、Rainは意外にも「韓国の文化の産業が財団を交流する」駐現地記者は「態度が周傑倫に及ばない」をRain所属JYP会社は10月13日晩にJYPは台湾の1家の旅行社に権限を授けて「Rain Showcase」旅行の日程を独占的に
ホーチミンにて†2)カオダイ教の寺院
各カフェ(ベトナムのカフェは、喫茶店であることもあり、旅行会社な事もある)の前にツアーのピックアップ待ちの人だかりがしている。前回も現地ツアーに参加したが、ほんと安い。これが日本語ツアーになるホーチミンから、カオダイ教寺院のあるタイニンまで
ベトナムに日本の個人マネーが流入、個別株の直接取引も
ベトナム スケッチトラベル(ベトナム政府公認の現地日系旅行会社)では現地発の口座開設ツアー(ツアー代金100米ドル)を毎日午前と午後に催行ベトナムの証券市場は2000年7月にホーチミン証券取引センター(時価総額約1.75兆円
ベトナム旅行ツアー内容決定!
今月26日からのベトナム旅行ツアーは、いろいろ 検討した結果 現地で証券口座開設ツアーをやっている会社 で様々な現地ツアーをやっていたのでその会社で市内観光 そしてメコン川ツアーを申し込む1日目 午前 ベトナムホーチミン市内観光 (統一会堂
師走は多忙。。。だから師走というのだろうけど。。。
ライライと二人だけでのVietnam旅行に行ってきました。 ホーチミンに行ったのですが、とっても暑いのに街中はX mas一色でした。 でもメコンデルタの川下りの現地ツアーでのガイドさんによると私は1週間以上仕事を休み会社に迷惑をかけてしまうし
ベトナムニュース
企業や銀行の関係者、現地に住むベトキューの代表ハノイ市に根拠を持つ国営の旅行会社は、株式の80%を入札で売却し株式会社になった。入札には大勢の個人が参加したが、実際はホーチミン市の銀行の従業員で、彼等は会社の指示で競売に参加していた。
ベトナム †
ホーチミンの夜は遅かったのに、体にムチを打ちながら翌日は朝6時半起床選んだ旅行会社は『シンカフェ』という現地の国営旅行会社。 難なく、明日のメコン川ツアーの申し込み完了。日本語ガイドつきのツアーと比べ
メコン川ミトー ジャングル体験
魅惑のビーチ 「東洋のパリ」ホーチミンで頂くフレンチコース 今日はベトナムでのボートトリップ体験のお話です。 予約したシンカフェに8時15分に到着すると、旅行会社が集まる デタム通りには、既に大勢の観光客で左の現地人のお姉さんがふぅ†ふぅ†と
ベトナム旅行記†2日目
■ベトナム旅行の2日目。 ベトナムは鉄道はあまりなく 観光客はだいたい現地の旅行会社でツアーを申し込む。 市内を歩いていると驚くほど旅行会社の看板を目にする。 シンカフェやクィーンカフェ動機だけど  ずっと「ホーチミンの彼女に早く会いたい」と

         

ベトナム

関連エントリー

ベトナム旅行 注意点 ベトナム 有名観光スポット ホーチミン旅行会社 海外旅行ハノイ フエ旅行 ベトナム旅行 航空券 ホーチミン 現地旅行会社 ハノイ旅行会社 旅行 フエ 案内 ベトナム観光地図 ベトナム旅行 子連れ ベトナム 現地旅行社 ベトナム 家族 旅行 ニャチャン 旅行 ベトナム観光 見所 ベトナム アンコールワット旅行