Top >  ローマ >  ローマ 一日 観光

ローマ 一日 観光

別府懐かし物語
ちなみに、明治、大正、昭和30年代くらいまでの資料です 明治時代には、別府は「東洋のナポリ」と呼ばれており 諸外国からも、有名人が訪れるほどの観光地だったそうです! ピアニストのコルトーも、別府にやってきて 中央公民館でコンサートをおこなっ
イタリア紀行記
初めての地でびっくりしたことは、ドイツはパン屋さんが多い事。 初日はナポリ・ポンペイ遺跡を見学。 2日目はローマ観光。 コロッセオ、バチカン博物館、サン・ピエトロ寺院、スペイン広場、トレヴィの泉。 1日でかなり頑張りましたよ…えぇ。。
10日に出発しま†す♪♪
ローマから北のいわゆる観光地へは15年ほど前に行った事があります。その頃は一人旅デビューしていなかったので、ツアーでした。 そこからは列車でナポリを目指します。あとは・・・、行き当たりばったりの気ままな旅でござんす。
5日目 †カプリ島(青の洞窟のある島)観光 ケーブルカー
でもちゃんとあるんですね、私に合ったリゾート地ってのが。  まあ、ゆっくりなんかするつもりないけど。観光、観光!!  でも気持ちはゆるゆる・・・                 すてき ナポリ民謡かと思ってた†。   当時は登山鉄道ブームで
画材の色名事典(茶系統・その37)
ナポリ近郊にある町。ナポリから出ている地下鉄の終点にあたります。 現在は漁業と水産業が主な産業の小さな町ですが、その昔は古代ローマの殖民都市で 観光地としての資源も多い所です。但し現在、地盤沈下が問題になっています。 そのポッツオーリの天然
イタリア旅行でイタリア語
【まぁ州にもよりますが・・・】 イタリアの観光地では結構日本語メニューを置いているイタリアレストランがあります。もっともフィレンツェ、ローマ、ミラノ、ヴェネツィア、ボローニャ、ナポリ、シチリアなどが日本人だけではなく外国人観光客が集まる
水のながれ
3m×7mぐらいの敷地に鉄骨の柱つくり、県産材の、いす、テ†ブルがある。 東洋のナポリと敬称された。夜のライト・アップもいい。 大収容設備のホテルは観光ホテル、プラザ・ホテルのみとなっている。 観光ホテルも経営者変更で再建。
イタリア旅行@6日目 ローマに向う編。
ナポリにて、朝食。 死ぬほど歩き回ったので・・・。                    今回は、地下鉄を駆使して、ローマの観光スポットを網羅します。                        明日は、ローマ観光をアップしま†す。
東北編23 仏ヶ浦
地図で言うと大間と脇野沢のちょうど中間くらいに 「仏ヶ浦」という景勝地がある。せっかくなので寄ってみる。 階段を降りて浜辺に辿り着くと ボートによる観光が出来るらしい 料金は、¥1000 ナポリ・カプリ島の青の洞門をご存知だろうか 私が訪れ
箱根のpizza??
薪釜を使って焼いてましたが生地はそんなにナポリ風ではなかったです。 *ナポリのピッツアの生地は 外はかりっとしてますが中がもちっとしてるのです。 東京じゃないのに高いかな・・・でも、観光地だからこのくらいしちゃうのかしら
ドビュッシー:前奏曲集第1集から第5曲「アナカプリの丘」 - Les collines d'Anacapri
アナカプリは、イタリア南部のナポリから水中翼船で50分程度の沖合いに浮かぶ「ナポリ湾の真珠」と呼ばれるカプリ島にある街。ナポリからの船は セレブなリゾート地で、高級ブランドショップが軒を連ね 今よりも観光客も少なくずっと静かなところ
イタリア旅行記前半
ローマは中部 で 南部のナポリ などは 1週間ではとても回りきれなかったため今回はお預け。 で、次に位置する観光名所が ベローナ 、 ヴェネチア 。 ベローナ ボートで中心地まで移動。 そこからは 徒歩とゴンドラ で観光しました。 こんな感じ
ふらのピッツア工房
富良野の観光名所である富良野チーズ工房に、新たに「ふらのピッツア工房」がオープンしたそうだ。 「スローフードの発祥の地でありチーズ大国でもあるイタリアのナポリピッツアを、自然あふれる富良野で提供できないだろうか?」 職人と設計者
【輪行旅行 年末年始2泊3日間】
輪行袋に入れた自転車と僅かなスペアパーツ、コピーした地図にデジカメ程度を持って旅に望みました。  1日目は広島→品川 宿泊代、宿泊先での食事代は含まず  観光名勝  :日本橋、皇居、国会議事堂 「東洋のナポリ」なんて言われている。   †神奈川県
南イタリア紀行・2日目もローマ
いやーローマってホントに観光地なのねぇ。そしてみんな道に座る座る。 写真撮ったり群れたりするのって、日本人だけじゃないのかー。 観光地にありがちなヤラれたエプロンやらコック帽やら。 ジローラモの故郷(あの人はナポリか)。 スーツが似合う男が
イタリア旅行記6†カプリ島†
イタリア旅行6日目 ナポリからカプリ島へ ナポリ港から高速船で約1時間。 カプリ島へ向かう。 天候に恵まれ、波も穏やかで、カプリ島観光には絶好の日であった。 カプリ島は澄んだ海にせり出す 歴史ある保養地である。 神秘的な青の洞窟があることで
ポンペイの遺跡
イタリア語:Pompei)は、1世紀までナポリ近郊にあった都市国家。  後ろに見えるのが  ヴェスヴィオ火山 ちょっとファンになっちゃたよ†♪      観光地には  良く 野良   イヌ U。・ェ・。U・ ネコ (= ω = )がいるんです  ほんと  エサをくれ
ナポリ
いよいよ最終目的地“ナポリ” ナポリの中央駅から、ちょっと海方面に行ったところの市場 おにいさんの“プレゴー!プレゴー!”と威勢のいい声 ドイツの路駐はまだまだ甘い!! さすがです。 一応、観光用の写真を・・・・ “たまご城”と“ドォオーモ”です。
5日目 †ナポリ観光
6日目に予定していたナポリ観光をすることになりました。 観光って行っても、車中でですがな。 ナポリは怖くてなかなかバスから下ろしてもらえないのです・・・  ← ヌォーヴォ城 です。 ナポリの中心地です。           入ったことないけど
ローマからソレントへ
日本人観光客で1万円ぐらいボッたくられた人もいたそうだ。 ▼ここフォロロマーノは古代ローマの中心地で、掘れば掘るだけ遺跡が出てくるらしい。見所満載だったが あっという間にナポリに到着。 ▼ナポリで電車で乗り換えてソレントへ。
ヨーロッパなどなどの旅(予定) my plan of journey
27日; 現勤務地へ 30日; 10カ月お世話になったイギリス出国 leave England 5月(May) 1日; Brussels ローマ(友人宅) 20日; Napoli、ナポリ 23日; Athena、 アテネ 25日; Santorini 移動がほとんどでそんなにゆっくり観光できんやろうなってのが現場。
南イタリアの旅
しかも場所が南イタリアの保養地で好ましいと思われたので それでも無事ローマ着、ナポリで宿泊、ラベロまでは列車とバス、ナポリ→サレルノ サレルノ→アマルフィ ここまでは一般の観光客と同じ、最後に小型バスでラベロまで山道を上がっていく。

         

ローマ

関連エントリー

ローマ半日観光 ローマ旅行 おすすめコース ローマ観光ルート ローマ旅行ガイドブック ローマ 一日 観光 ローマ観光ショッピング ローマ長期観光 ローマ 旅行社 子連れ 海外旅行 ローマ 個人旅行 ローマ ローマ 観光 一人旅 旅行 パリ ローマ